忍者ブログ

shinobu様ご推薦 一条ゆかり

【一条ゆかり】



『アミ…男ともだち』一条ゆかり(集英社文庫『星降る夜にきかせてよ』収録)
全寮制の学園に、季節外れの転入生としてやって来たユーリックは、アーサー・マクナドルという少年と同室になる。
試験では常にトップ、同時に教師たちにも
反抗し、部屋で堂々とマリファナを吸う彼に、学園の少年たちは皆一目置いていた。
やがて、ユーリックは面会に来たアーサーの妹、シュベールと親しくなり、
誘われるままアーサーの住む城を訪れる。
そこで生活を共にするうち、ユーリッ
クの心を占めていくのは、アーサーの方だったが……。
このほか、本作に収録「ハスキーボイスでささやいて」のように、
主人公がバン
ドの新しいメンバーに惹かれて自分をゲイではと疑う作品、
あるいは「さらばジ
ャニス」のように、先輩に恋する少年を描いた作品もあるが、前者は少年と見えた相手が実は女性で、
後者は染色体を調べると、主人公の少年が実は女性だった
ことがわかる。
ゲイものというよりはジェンダーや性意識の常識に揺さぶりをか
ける作品だったともいえるだろう。
のちに香港映画「金枝玉葉2 ボクらはみん
な恋してる!」で、ジェンダーの混乱がコメディー・タッチで綴られるが、
「ハスキーボイスでささやいて」は、そのテイストを先駆していた向きもあった。


『デザイナー』一条ゆかり(集英社文庫)
トップモデルとして活躍する亜美には、自分の実の母親を誰か知らないという秘密があった。
しかし、ある日、亡き養父母の墓を訪れた彼女は、再会した当時のお手伝いの口から、
自分を産んですぐ棄てた母親が、一流デザイナーの鳳麗香だと知る。
ショックで車の運転をあやまった亜美は、事故により足の神経を痛め、ステージに立てない体に。
絶望する亜美だったが、その前に結城コンツェルンの若きオーナー・朱鷺が現れる。
彼はなぜか、亜美の鳳麗香への復讐の手助けをしたいと申し出るのだった。
「あなたは足が不自由なままで終わるか、ぼくにすべてを預けて女王様になるか、すべてはあなたしだい」
という朱鷺の申し出を
「あなたに賭けてみるわ」と受け入れる亜美。
朱鷺が亜美に与えた秘策とは、彼女を鳳麗香以上のデザイナーとして世に送り出すことだった。
朱鷺の与えた、短期プログラムによる厳しい英才教育も執念で乗り越えた亜美は
、望みどおり新進デザイナーとして注目され、実母・鳳麗香と栄光を競うライバルとなるが……。
メインストーリーは、華やかなファッション界を舞台にした母と娘の確執、ヒロインの愛を描くものだが、
その合間に点景として描かれる、朱鷺と彼の腹心で教育係の青年・柾(画:大矢ちき)の関係がホモエロティックな空気を醸しだして、
複雑な愛の位相を表現するのにひと役買っている。
作者曰く「最高にやる気出して好き勝手描いた、最高に好きな作品。一番好きなテーマ『プライド』をとことん追求した作品で、
タイトルも『プライド』にするかどうか迷ったほど」だそうだが、
確かに、繊細で豪華なファッション描写に、背景から小道具までびっしり描きこまれたゴージャスな空間演出、
何よりも自分の「プライド」を賭けて血みどろの愛憎劇を繰り広げる登場人物の姿は、一点の曇りもためらいもなく、
100%一条ゆかりワールド。とりわけ「私がなりたいのは常にトップよ。そうでなければ最低も同じだわ」という亜美のセリフや、
「私は女である前にデザイナーですわ」と言い切る鳳麗香の姿に、
女王・一条ゆかりの矜持がほの見える気がするのは、深読みだろうか。
ともかく、現在に至る一条作品のエッセンスの全てがここに凝縮され、
絢爛豪奢な輝きを放つ、代表作の一本なのは間違いがないだろう。

 
PR

Copyright © syudo : All rights reserved

「syudo」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]