忍者ブログ

shinobu様ご推薦 峰岸ひろみ

【峰岸ひろみ】


七月の悲歌(エレジー)が聞こえる/峰岸ひろみ サン出版 ジョイコミックス『ラブ・ハンター』収録 
60年代末期から、各誌・各ジャンルでストーリーを問わず(ホメ言葉です)男色関係を描いてこられたこの道のパイオニア、峰岸ひろみ先生。
しかし、それらの作品の殆どは単行本にまとめられる事もなく、
漫画史の闇(オーバーな)に紛れているのです。そんな中、男色を前面に出した作品で唯一、単行本に収録されているのがこの作品。
撮影で訪れたパリにて、美貌の男娼ジルと出会った日本人カメラマン彬と、その親友のトライアングル因縁劇。
22ページの短編ですが、掲載誌が旧JUNEの最終号というのもあってか、79年当時にしては赤裸々なベッドシーンと、
その後に待つ衝撃のラストが印象的。
この後先生は「JUNE」ではなく「さぶ」の方に活躍の場を移されるのですが、それも納得のラストです。
いや、私はこの結末好きなんですが!(ホントよ)何より、峰岸先生の描く男性像が、
ややアメコミチックながら、筋肉もしっかりあって色っぽいのです。


「バーミリオン・サンセット」峰岸ひろみ(単行本未収録)
2020年、全面核戦争で惑星“E”が滅んだのち、火星に移住して生き残った人間は、
それでもなお東側と西側に分かれて、強い兵器を開発し、戦争を続けていた

西側の天才科学者ザハロフは、最強の人間型兵器AM7を開発するが、彼とA
M7の間には、
ただの科学者とロボットの間にはない心の感応があった。ザハロ
フが夢見る“E”の風景をそっくり見ることのできるAM7。
その関係は、ザハ
ロフの妻や周囲の人間を巻き込んで、やがて…。
という内容の、峰岸ひろみが80
年代初頭に発表した本格SF作品。
残念ながら、これも専門誌「少年少女SFマンガ大全集」に掲載されたきり、単
行本化はされていないようだが、
無敵の兵器ながら美男子(しかも常に全裸)の
AM7の、アメコミからの影響も伺える肉体美がセクシーで、
彼とザハロフ博士
との絆はもちろん、長官やライバル学者など、
数少ないながら登場する男たちの
言動がバイセクシュアル的なのも何気に色っぽい。
同じく峰岸ひろみ名義で発表された「週刊セブンティーン」時代の「仲間たち」、「ファニー」時代の「十字路」
「アレキサンドリア四重奏〈カルテット〉」「
ダーク・カーニバル」などの、ゲイテイスト漂う作品群とともに、ぜひ復刻してほしいところ。

 
PR

Copyright © syudo : All rights reserved

「syudo」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]