忍者ブログ

shinobu様ご推薦 桜沢エリカ

【桜沢エリカ】


『サロン』桜沢エリカ(祥伝社コミック文庫)
パリに生まれるはずが、群馬の山奥の温泉宿に生まれてしまった女の子・直は、はずみで家をとび出し、
憧れだったいとこの唯史が住む東京へ。だが、訪ねた唯
史は、恭二という男と同棲していて……。
年上で大人ないとこカップルを含む、人生を謳歌するゲイ男性たちに囲まれて、

一人の女の子が自分の足元を見つめなおしていく様子を描いたひと夏の物語。
か、唯史たちが直の住む温泉街にやってくる番外編、唯史と恭二の関係に焦点をあてた“2”も収録。


『わたしに優しい夜』桜沢エリカ(祥伝社コミック文庫)
編集アシスタントとして働く亜子は、弟の乃武夫と同居中。
それなりにルックス
も可愛い弟だが、乃武夫は亜子にとって「弟の姿をした妹」。
つまり「世間では
ゲイと呼ばれる人種」なのだった。姉思いが過ぎるのか、
時に亜子のボーイフレンドを小姑のようにいびって追い出
したりもする乃武夫だが、姉妹(?)仲は良好。
ある時は、二人そろって同じ男
に恋をしたり、トラブルもありながら、互いを良き理解者とする、居心地のいい関係を築いている。
二人の生活と恋模様、まわりに集う東京の「夜」に集まる仲
間の姿を、淡々と、けれどタイトル通り「優しく」描いた連作短編集。


『フールズ・パラダイス』桜沢エリカ(メディアファクトリー/MF文庫)
セツ・モード・セミナーに通うトビオと里佳子は大の仲良し。
一緒に旅行したり
、同居もしてみたりと、その親密ぶりは里佳子の彼氏も認めざるを得ないほど。
ゲイのトビオは、失恋のショックから、二丁目で声をかけてきた男全員と寝てみたり、
ヤケな行動に出て里佳子を驚かせたりもするが、泣きたい気分は振り返ら
ずに、
とにかく明るく明日を目指して、里佳子とともに生きていく。ふたりの友
情をライトに、しかし前向きに描いた作品。

PR

Copyright © syudo : All rights reserved

「syudo」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]