忍者ブログ

shinobu様ご推薦 森園みるく

【森園みるく】


『キアラ』森園みるく/原作・桐野夏生(祥伝社/フィールコミックス/全6巻)
新進人気デザイナー、カインとアーベルは、ある雪の夜、突然彼らの前に現れた少女キアラの美貌と才能にインスパイアされ、
彼女をマヌカンに起用した。予想
通りキアラと彼らの新コレクションは喝采を集め、
キアラは一躍スーパーモデル
の座におどり出るが、カインがキアラを真剣に愛しはじめたことから、
カインと
アーベルの関係にも変化が生じていく。
しかし、その影で、キアラが本当の目標
としていたこと、それは、彼女の愛を奪ったある人物への復讐だった。
スーパーモデルとして活躍しながら、裏で国際的な売春組織「ココット」に所属、人生の目的(それは主に“愛”と“復讐”なのだけれど)のために、
自分の立
場と肉体をタフに使って邁進していく美少女キアラの軌跡を描き、人気を集めた作品。
ファッション界が舞台の作品だけに、登場するモードや、ほぼ一話ごとに
変化するキアラのメイク&ヘアスタイルなどの描写も見ものだが、
バイセクシュ
アルという設定のカインとアーベルに近寄る美少年・美青年たちとの絡みも描かれ、
ドラマをスキャンダラスに盛り上げるのに一役買っている。


『さぶとJUNE』森園みるく(双葉社/アクションコミックス)
ニューヨーク帰りの自称“ハードボイルド・ディテクティヴ”柏俣佐武郎は、日本へ帰国する飛行機の中で、
一人の美少女に運命の出会いを感じる。しかし、そ
の美少女の正体は、
女装趣味の美少年・珠音(じゅね)で、しかもヤクザの大物
の息子だった。佐武郎の迷惑かえりみず、
彼が開いた探偵事務所に住みこんだ珠音。強引なアプ
ローチを繰り返す珠音だが、
佐武郎は珠音のまぶダチにして警視総監の娘・華岡
雅にひと目惚れ。
このトライアングルが、行く先々でオカマとゲイに絡んだ騒動
を巻き起こす。
この時期の作者の漫画としては数少ない、素直に笑って楽しめる
作品。
現在は電子書店パピレスでDLして読めるようです。

PR

Copyright © syudo : All rights reserved

「syudo」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]