忍者ブログ

衆道 同性愛関係の本など 国内

男色を描く
 

江戸のかげま茶屋



江戸の色道
 


日本男色物語
 
カラーの「知音の図」(武将と小姓?)初めて見ました



南方熊楠児談義/稲垣足穂




郷中教育の研究 (1944年)
(2007年に再販が出ています)
薩摩の郷中教育 (1981年)
年長の兵児が年少の稚児を教え導く
ギリシャ、スパルタにも比される武家青少年の教育システムについての本
薩摩秘話 /五代夏生
「薩摩の男色」に、男色が盛んすぎて明治まで娼館がなかった話とか。


会津藩家世実紀 第1巻 首巻~巻之20 (1975年)
衆道関係の事件など記録されているそうです。



琵琶歌 形見の桜
賤のおだまきと同じ内容です。
慶長四年、庄内合戦を舞台に展開された
美少年平田三五郎と念兄吉田清家の最期のストーリー。
三五郎が輩に襲われ○○○されそうになったり、
別カップルも登場します。
薩摩兵児達が戦意を鼓舞するため弾奏していました。
慶応二年、薩摩屋敷で、琵琶会との名目でもたれた会合で
紅顔の美少年児玉利純がこの形見の桜を披露、それを聴いた木戸孝允が
感動して詩を詠んだとか。
義兄弟の契りに薩長の盟約を重ねたのでは、なんてエピソードがあるそうです。

翻刻異本二巻本庄内軍記(上巻)
上↑の三五郎&清家カップルについての記述があります。

〜ともに故郷を出しより 片時も相去ず 
〜軍旅野外にたむろせば 同じ褥のかり枕


男の絆 明治の学生からボーイズ・ラブまで

 
BL用語がいっぱい
寄宿舎の学生男色など

CARTOGRAPHIES OF DESIRE
  
外国人の目から見た日本の同性愛の歴史



ゲイという経験/伏見憲明
 


エロティシズム/澁澤龍彦

 



破壊と男色の仏教史
 



戦国武将と男色
 



男色の景色/丹尾安典 
 



男色の民俗学/礫川全次

 

『性と僧房ー稚児への祈り』
「秋夜長物語」「幻夢物語」「鳥部物語」等中世の稚児物語を通し稚児の神性を解く



セクソロジー異聞/下川耳火史

 

『稚児潅頂』について、かつて見た中で最も具体的で最も笑える詳しい記述があります
他は女装マニア、生首愛好など犯罪の匂いのするものまで

 

 


本朝男色考男色文献書誌/岩田準一
原書房 
 

日本の男色起原から江戸かげままで。小姓、稚児にも詳しく
男色文献書誌附属男色用語辞典はまさにバイブル



日本における男色の研究/平塚良宜
 

人間の科学社日本男色の歴史。男色に関する書籍。収録。
小説文献が一覧表に。蘭丸エピソードもあり

武士道とエロス/氏家幹人
講談社現代新書
 
 
小姓についてかなりページがあります、薩摩の男色天国っぷりにも詳しい
読み易い本です



江戸男色考/柴山肇 
批評社
 
(色道編)
小姓など。寝所の作法とか面白いです


 
(若衆編)稚児信仰、僧侶の男色


 
江戸男色考〈悪所篇〉 歌舞伎、陰間など売り専メイン



少年愛の連歌俳諧史-菅原道真から松尾芭蕉まで-/喜多唯志
沖積社
 
戦国ポルノ/武将と小姓/切腹と美少年期待通りの内容
末尾の文献資料リストも使えます!
 
少年愛の美学/稲垣足穂
河出文庫
 
最終章に「稚児の心得 作法」が詳しい



トンデモ美少年の世界―あなたを惑わす危険な人々 (光文社文庫)

知恵の森文庫
JUNE連載『シークレットレポート』をまとめたもの
分析的で軽いノリだけど井原西鶴『男色大鏡』の一節の略文が本編よりエロ












美少年日本史/須永朝彦
国書刊行会
 
神話の時代から戦国~江戸~昭和平成まで、
美少年の歴史=男色の歴史が口語で語られてます、何より筆者自身が楽しそう!





武士道と男色








男同士のSEX愛撫マニュアル
 


軟派珍重往来
 


以下未読メモ

弘法大師一巻之書 満尾貞友
醜道秘伝
弘児聖教秘伝(児灌頂)
女大楽宝開
真言立川流 学研
日本秘教全書 学研
欠題春画絵巻 宮川長春
艶道日夜女宝記
風流御長枕
色道禁秘抄
百人一出拭紙箱
江戸の閨房術 渡辺信一郎
女閨訓




PR

Copyright © syudo : All rights reserved

「syudo」に掲載されている文章・画像・その他すべての無断転載・無断掲載を禁止します。

TemplateDesign by KARMA7
忍者ブログ [PR]